子育てじゅんじゅん一人っ子長男

男とは?日々の疑問難問面白いこと盛りだくさん



夢はなんですか :: 2015/09/10(Thu)

我が家のリビングにランドセルから出したであろうプリントが置いてあった

通りすがりに目を引いたプリントの表書き 「あなたの夢はなんですか?」

思わず立ち止まって手に取ってみた。
四角く囲まれた枠に自分の夢を書き込むようになっている

あ…やっぱ立ち止まってまで見るんじゃなかった…だって…息子が書いた夢は…

ぼうそうぞく・お金持ち

今年の夏に11才になった彼…まぁお金持ちは百歩譲ろう…
常日頃から欲しがっているゲーム等のたぐいもお金がなければ買う事は出来ない
少々現実的になってきたのは成長だと思おう…そう…そう思おう…

もう暴走族に至っては真意を図り知る事もできないし つーか 知らんで結構

こうして次のページや、その次のページがめくられる事もなくプリントはまた放置された


プリントがリビングの机に放置されて2日目の夜だったか?
息子が 「母さん、コレ読んでみた?読んでみんさい、いい事が書いてあるけ」

お前のアホな夢話に付き合っとる暇はないわ  と思いつつ 「うん今度読むね」

そのまま置かれたプリントをめっくてみたのは翌日の夜

いい事とかそんなレベルじゃない衝撃的な内容だった
アジア諸国、特に発展途上にある極めて厳しい生活環境で暮らす子供たちの現実を取材してあった

取材の3つの国に出てきた3人の子供に文頭の 「あなたの夢はなんですか?」 同じ質問がしてある
その答えは想像もできない、したくもない夢で…涙が止まらなくなった

ひとりの女の子は 「大人になるまで生きてみたい」
ひとりの男の子は 「お腹いっぱい食べてみたい」
ひとりの男の子は 「人間をやめたい、次に生まれるなら犬がいい」

裕福な国に生まれた私たち、息子にとってもかなりの衝撃だったのだろう
私に読むように勧めてきたところからしても、それは伺える

「プリント読んだよ、可哀想な子供たちが沢山おるね。自分の書いた夢をどう思った?」

そう聞いてみると…

「うん…ふざけた事を書いて反省した」 という言葉が返ってきた

そっか、良かった。せめて良かった…
真剣に生きて欲しいなと思えた出来事だった



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
うわっ1年ぶり :: 2015/09/09(Wed)

特に何が…って訳ではないのにご無沙汰すること1年… 早っ

じゅんじゅんさんも5年生になり、受け答えも人間らしくなってきたと言いたいとこだけど別に…

暑かった夏も暑苦しかった夏休みも無事に終わり、あれよあれよと秋が深まってる

また少し再開してみよう。涼しくなってきたし。


おもしろネタ探し始め~っ

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
いやいや~ :: 2014/08/26(Tue)

終わるぜ夏休み

うちの子の通う小学校でも明日で夏休みが終わる
毎年の事ではあるけど長い長い夏休みが始まる時点では気が遠くなる

そして毎年の事…お盆が来ると夏休みは終わったようなもの
加えてお盆までが長いかと言えば決して長くない…むしろアッという間だ

こうして無情に終わっていく夏休み

確かに…夏休みだと朝のバタバタ感もない
夫は早出なら早出なりに、定時なら定時なりに自分で出て行くけど
息子に関しては、とりあえず家を出させるまでは何となく落ち着かない

息子は夏休み、嫌々塾に行っている
「偉いね~」 などと時々言われる事もあるけど…ものすっごく嫌々行っている

その塾に出るのは私の出勤時刻より後なので、息子を急かす必要はない

そんなバタバタ感のない生活 だとしても 終わって欲しい、早く

ふふふふ…それが明日で終わる

夏休み最後の土曜日だった先週の23日
今年初のイベント・カレー作り大会があった。
カレー作る大会ってどんなん?とも思ったが要はカレーを作る

その日の朝、事前準備として各子供会の役員が集まった
夏休み残り1週間という段階で久しぶりにママ友と会っての話題は当然ながら…

宿題

会話の始まりのほとんどが 「宿題終わった?」 こっから始まる
我が家もお陰様で大雑把な感じではあるが宿題は終わっていたので

胸を張って 「終わったよ~!とりあえずね!」 と、話す

そこで…夏休み残り1週間にして初めて聞いた情報がある

「2組(うち2組)って自由研究はせんでいいらしいね~!ええよね~!」

ふぇ?なんとおっしゃいまして?

まさか…私が1番カンシャクを起しながらクリアした宿題が必要なかったと?
その情報を疑ってやまなかった私は同じく事前準備に来ていた同じクラスの母を見つけては
その質問を繰り返す…

そして出た結果は…やらなくても良かった


ふぅ~ん…



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
久しぶりの :: 2014/08/21(Thu)

広島では久しぶりの青空だ
本当の本当にいつ以来なのか…おてんとう様よ~ご無沙汰しておりました~

広島では観測史上例のない豪雨に襲われ大変な被害に遭っておられる方が多数
本当に自然の力には太刀打ちできないと痛感した

私の住んでる地域は目立った被害はないものの…車でほんの15分も走れば
今回の土砂災害の起こった地域である

ニュースで見ていても遠いところの話ではなく…
え!あそこが!っていう、地理が分かるだけに恐ろしくて恐ろしくて

ちょっと余談にはなるけど、いつも感じる事がある
何か大きな事故や災害のニュースを見る度、実際に近距離であればあるほど恐怖感が増す
海外で起こった事を見ていて、怖いとか大変だとか間違いなく感じるのだけど
やはりどこかで現実味を帯びずテレビ画面を見つめている

京都の福知山や丹波辺りでも同様の土砂災害が起こった
ちょうどあの豪雨の時に私は京都市内に居て、恐怖の土砂降りを体験した
そして帰ってあのニュース、通ったよね丹波辺り…
などと思うと急激に恐怖感を覚える

明日からはまた雨が降るっていう予報
片付くなんていう予測が全く立ちそうにない現場の様子を見ながら…また雨か…

これ以上の被害にならない事を祈るのみ


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
雨…雨 :: 2014/08/19(Tue)

何処に行っても何をしても雨…雨…雨…

雨~っ

ここ最近、お盆休みを楽しみに頑張ってきた。
我が家の休みは13日から… ウキウキ
いつも一人で留守番の息子だって、どんだけお盆休みを楽しみにしていたことか

雨だから楽しくないって事はないけど…やっぱり行動範囲なども制限されると
完璧って訳にはいかねぇじゃね~か。って事は楽しさが半減することは間違いない

13日、まず夫の弟一家が京都から帰省。んな事で一緒に美味しい串焼きを食べに行った ← 雨
14日、私の母とお墓参り、雨の止み間を縫って済ませたけど ← 基本的に雨
15日、京都チームと一緒に京都へ向かう…死ぬほど楽しみにしていた川床 ← 基本的に雨

初めての川床、いや~風情があったね~最高だったね~
乾杯してつき出しに箸を付けたところぐらいから降ったね… んでビール片手に室内に移動

16日、京都に分骨した義父のお墓参り ← 正真正銘の豪雨、ニュースになったほどの…

その夜、キャンセル待ちで取れた送り火 の文字が見れる料亭での川床 ← 完全アウト大雨
でも初送り火、初川床…そして経験のないような大雨

ま、開き直って夫と二人大雨の中を意地のように観光に出掛けた
息子は連れて行かなくて正解!ってな程の降りようで…

雨~っ どうしてこんなに雨~っ

常に傘を持つ右腕と足元は濡れた感じで…土産を買うパワーなど全くなく
せめて涼しいならいいものを息をするにも苦しいような蒸し暑さ…

いや!あたしゃそんな事に負けるような軟な女ではない!

最終日、17日京都の家を出て広島に向かう…夕方帰ると晴れていた

そのわずかな晴れ間のお陰で大量の洗濯物も片付き…
そして翌日からまた雨と雲の行ったり来たり。夏は何処へ行っちまったのだろうか~

忘れよう。雨だった事は忘れよう。
思い出そう…先斗町…住みたい先斗町
料亭のサプライズでやって来た舞妓さん…そう舞妓さん、めっちゃ可愛かった~

初めて見た大文字…諸説あるようだけどお盆だな~と、今は亡き人を偲ぶ事も出来た

楽しかった、ありがとうございました

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
前のページ 次のページ