子育てじゅんじゅん一人っ子長男

男とは?日々の疑問難問面白いこと盛りだくさん



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
中学受験?! :: 2017/06/26(Mon)

現在、中1の息子

5年生の後半ぐらいだったか?衝撃発言があった

「母さん、俺…中学受験する」

ここは…
あら?真面目に答えるべきか否か…ふざけたら怒るシーンなのか?

「へ?へ、へぇ~そうなんじゃ~すごぉーい!!」 
たいして覚えてないが、こんな反応をしたんだったか

とりあえず塾には行かせていたし(サボってばっかだったが)
塾の先生からも中学受験の話は何度となく聞いていたし
もちろん私だって受かる可能性が高いのならチャレンジしてほしいとは思っていた

けど…

5年生の時に仲良かった友達が受験すると聞いて 「俺も!俺も!」 となったんだろう
ま、きっかけなんて何でもいいじゃねーか!

んな安易な発想から、受けるだけ受けてもいいんじゃない?勉強して損はないだろう

こうして始まった我が家の 中学受験戦争

お勉強大嫌いだった私と、どう見ても同じであろう旦那
ただ…私に似たのかな?と思う点は多々あり…

①塾に行ってるから勉強ができる(と、思っている)
②目新しい事が大好き
③流行りごとが好き
④根拠のない自信がある

などなど、彼が簡単に中学受験を決めたのはそんなとこだろう

けど
もぉし受かったらどぉーすんだよ

近所にある私立中学に関しては、小さな頃から 「ここに行けば?」 を言い続けてきたが
息子が受けたいと言った学校は…
それはそれは高すぎるハードルで…絶対無理とは思ったけど…
塾の先生も 「やって損はない!」 と言われるので

いざ中学受験に向かってみたら思うほど簡単な事ではなかったと気付いただろう
だけど、自ら希望しての事だったから 「やっぱやめる」 は言えなかった様子

日はどんどん過ぎ、6年生の年末といえば受験を目前に控えている

けど
受験勉強を頑張っている様子はなかった

愛する我が子と言えど、お世辞にも頑張ってる様子はなかった

そんなこんなで遂に受験日を向かえた
珍しく緊張の面持ちで…雪の土曜日だったので旦那が車で送ってくれて
終わるのを待って連れて帰る…

終始無言の息子

数日後… 「やっぱりか」 という結果を目の当たりにするのだが
軽いノリだろうが、良い経験と思おうが、親の目には頑張ってる姿が映ってなかろうが

やっぱり息子は落ち込んでいた

だとしても、お世辞にも 「頑張ったのだから仕方ない」 とは言えないので
次、高校受験で頑張ろう!とか、受験した事は良い経験になったね!とか…

色々と励まして、普通に入学する地元の中学校ネタで盛り上げて

そうして地元中学に入学して3カ月

「母さん
俺ね~受からんで良かった~学校楽しいもん


おおぉ~それは良かった

受からんで…よかった…? いや…受からんって!…
スポンサーサイト


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<中間テスト | top | 2年ぶりの更新>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://butakatarousu.blog119.fc2.com/tb.php/641-8e646148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。