子育てじゅんじゅん一人っ子長男

男とは?日々の疑問難問面白いこと盛りだくさん



宿題 :: 2013/12/19(Thu)

勉強がお嫌いな様子の息子

10月中旬だったか前期の通知表を受け取る個人懇談で先生から言われた

「宿題をほとんど出していませんねぇ~」

「え?え?でも宿題はやってますよ…あ!そう言われてみると丸付けされてないプリント…
     うんうん、連絡袋の中で何枚も見た事があります…済んだって言ってましたけど…」

こんな会話をした。

だからと言って信じられないほど成績が悪い訳でもなく
宿題を提出しない理由はサッパリ不明なまま家路に向かう

その夜、当然ながら尋問を行う訳だけど…彼の返事はお得意の

「あ~時々忘れるんよねぇ~」

嘘だ、絶対に嘘だ。朝の会?か何かで絶対に集めるだろうし…
現に先生のノートのうちの子の行には提出済みのマークが全くなかった
時々忘れる?そんなレベルじゃねぇ

ふざけるな!

当然の流れとして夫に報告 → 怒る → 3DS没収 → 息子、後悔の念にかられる

その後、時々思い出しては連絡帳に 「宿題は提出してますか?」 と、先生に尋ねてみる…
まぁ出したり出さなかったりを繰り返しているよう アホか!

そんな中、あいさつ運動に立っていたら
保育園の頃からずっと一緒のMちゃんが「あ!じゅんじゅんの母さ~ん!」と声かけてくれた

私の所へ駆け寄って
「こないだ席替えしてね~またじゅんじゅんと隣~」
そう…またという言葉がピッタリな確率で隣なのだ

そこで私はひらめいた!
しっかり者として学年で1番と言っても過言でないくらいのMちゃん、救世主じゃないか!

「ねぇ~Mちゃん!じゅんじゅん宿題を出してないでしょ?」と聞くと母親以上にご存知

私も困ってるんですよ~みたいな顔で「うん、出してないよ~」

「ちゃんと出すか見張ってくれん?で、出してなかったら出すように言ってやって」と言うと

「え~も~ しょうがないなぁ~!分かった言っておくよ~」

顔の前で両手を合わせ、小学3年生女子に ゴメン!ゴメン! をする私


何をやらすんじゃい!

スポンサーサイト


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
次のページ