子育てじゅんじゅん一人っ子長男

男とは?日々の疑問難問面白いこと盛りだくさん



こども :: 2013/10/22(Tue)

三十うん年前の小学生だった自分がどうだったかなんて思い出せるはずもねぇ~

3年生~4年生ぐらいを
スポーツ界ではゴールデンエイジと呼ぶらしいが…
教育界では ギャングエイジ と呼ばれる

ウィキペディアでギャングを調べるに… 「暴力的な犯罪集団」

なんちゅ~恐ろしい集団なんじゃ~

そのはず
毎日毎日…いや言い過ぎた3日に1回?
実に低次元な問題を抱えて不機嫌に帰ってくる息子

先日…家に帰ると自分の部屋のドアを閉め、入ってみると更に薄暗いベッドの下でゲーム

誰がどう見ても 何かあったな と思える図

今回の低次元な事件はこう…
帰り際、男子トイレで流してないウンチが発見された。それを見に行く数名のアホ。
その数名の中に居た我が家の息子J…
トイレから出ると同じクラスのKが 「Jがウンチ触ったんでぇ~」 と言った

いやいや…普通は触らんだろ?という超常識的な発想はないうえに残酷なギャング達は

「うえ~Jがウンチ触ったんじゃ~」 と、息子を置き去りにし走って帰ってしまった
そして1人ポツンとウンチ触った濡れ衣をはおり悔し涙を流しながら帰るっていう結末

こういう場合、母として何と息子に言えばよろしいのでしょうか?

ウンチなんか見に行くけ~よ!
Kにうるさい、普通触るかボケーって言ったりんさいや!
放っておきんさい、明日になったらウンチと一緒に水に流れとるよ…

色々と言ってはみたが…なんせ根本がアホな問題だけに…
そんな最大限に息子に気を使い配慮しストレスで押し潰されそうになるワ・タ・シ

モウ イヤダ アホクサイ バカバカシイニモ ホドガアル

そう思ってみてもガラスのハートの息子は翌日もウンチ触った男として扱われると懸念する
私も…
どーでもええような事だって不登校やイジメに通じる事もあるのではないか?的な深みにハマる

そんな中、息子が少しずつ暗い怒りから明るい怒りに変換されてきて新たな証言が出てきた

いつもクラスで問題とされてるSが 「Jはウンチ触ってないで~!」 と言ってくれたことや
隣のクラスのRとKもウンチ触ってないの知ってるという証人まで出てきた

証人はともかく、いつも問題のSの行動に関しては私も嬉しかった
それというのも先日の祭りでS母とバッタリ会って、いままで挨拶程度の間柄だったのに
Sに関する苦悩を少し聞いていたのだ
「友達と仲良く出来ない、毎日の如く先生から電話…ノイローゼになりそうな」 と…
私は家に遊びに来たときの優しいSの一面や、参観日でニコニコ手を振ってくれてたSの様子を
S母に話した。
「そんな風に言ってくれる人もおるんじゃね~」 と喜んで聞いてくれた

常日頃S母はどうお考えか?と私の中の謎がやっと解けた気がした
当たり前だ我が子の事で悩み苦しんでいる

そんなS母にウンチ事件でのSの行動を知らせてあげたくなった
近所のS兄と同級生を持つ母にアドレスを聞いて…そんなどうでもええ話をメールしてみた

ウザッて思われるかも…と心配して送ったメールだったが…

とても喜んでくれた♪
元気に生まれてきてくれたことを喜んでいたはずなのに…
もっとこうならいいのにと欲が出てくる自分が嫌になるんよ。
全て私も子供も勉強しよるんだと自分に言い聞かせる日々なんよ。

そう返信をくれて…
そうじゃ、そうじゃ…私も原点に戻ってみようと思えた
ひょんな事から良い話が聞けてウンチ事件も何となく水に流せるのでは?と思えた

Sの行動は連絡ノートにも書いておいた。だってちゃんと優しい一面を持ってる訳だから…
それ以外の事は特に注意してもらわなくていいです!本人が訴えてくれば助けてやって下さい。

そう書き加えておいた…

さて…ケロッとして帰って来るか否か…
そう心配した私は何だったのか…翌日、彼の口からウンチのの字も出てこなかった
スポンサーサイト


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
次のページ