子育てじゅんじゅん一人っ子長男

男とは?日々の疑問難問面白いこと盛りだくさん



記憶 :: 2013/02/28(Thu)

記憶って怖い…

時々自分で作り上げた嘘の記憶が本当になっている事がある… 危険だ

今年度、学校のクラス役員に立候補した私。
秋のお祭りを以てそれは終わったようなもの…あの忙しさは何だったのか…

それ以降、見事なまでに綺麗サッパリ関わってない

とは言うものの、何か月に1回行われる理事会がある。
これも行事前だと情報を逃してはマズイだろうと、真面目に参加したものだけど
終わってしまえば…申し訳ないが仕事優先になってしまった。

「わたし休めるよ~ 」 と言った1名に一任して他3名は欠席。

その時のプリントを参加してくれた彼女から私は3枚受け取った。うん、間違いない受け取った。

当然1枚は私の…問題ない

もう1枚はサッカーの度に、いや日曜日のスキーの度に会う仲良しママ友のだから…

これも大丈夫!渡せる…問題ない

残りの1枚は同じマンションのママ友に渡すんだけど…一旦家に持ち帰るとなると…

毎朝息子を見送りに下まで降りると、そのママ友も降りてくる。
そこで渡せばいいのに…

「プリント預ってるけ~ね!今朝は忘れた…あは…明日は持って降りるね!」

もう…今となってはこの言葉を何回言ったか分からん…

こうして何日が経過したのか…
ある朝、歯磨きしてたらハッキリと思い出した  はぁ~良かった…やっと渡せるわぁ~

と、歯ブラシを口に突っ込んだままプリントを置いているであろう場所に行ってみると

あれ?あれれ?プリントがなくなってる…

あぁ~そうか 私ったら馬鹿  渡したんだ~そうだった  んもうっ お・馬・鹿

… またここから数日して 「プリント読んだぁ?」 と、ぬけしゃーしゃーと聞く

一瞬困ったお顔のママ友…

「ん?あ~理事会のプリント?…まだ貰ってない…よね?

 うそ…  偽りの記憶…

家に戻ってプリント探すと…
そもそも置いたと思ってたとこじゃない場所に… この記憶からして偽り…
スポンサーサイト


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
次のページ