子育てじゅんじゅん一人っ子長男

男とは?日々の疑問難問面白いこと盛りだくさん



いかりじぞう :: 2010/07/30(Fri)

原爆の日…最近では 「平和の日」 と呼ぶらしいが
毎年8月6日が近付くと色んな行事の準備が始まり、また今年もあの日が来るな…と思う。

当然、保育園でも紙芝居や絵本、ビデオなどが戦争や原爆のお話になる。

先日、息子は 「いかりじぞう」 とゆうビデオを鑑賞したらしい。
このタイトル…うっすらと記憶にあるようなないような…でも息子も6歳の誕生日を控え
ストーリーを上手に説明してくれた。

あ~!思い出した…上手に説明出来るようになったもんだと…

原爆の熱線でお地蔵様の顔が歪み、怒りの表情になったとゆうお話し。
更にお地蔵様は倒れた人に涙の水をあげるとゆう悲しいお話。

私自身、小さい頃から原爆に関して色んなものを見て育った。
多分、今より昔の方が中身は濃かったと思う。

息子にとって 「いかりじぞう」 のビデオはかなりの衝撃だったのか…
その夜の布団での話題は原爆で持ち切り!更に怒りに震えるじゅんちゃんだったのだ。

「原爆は絶対にいけんよね!戦争したらいけんのよね!」・・・そうだ、そうだよ…
これからの未来を担う君達…この思いを絶対に忘れないでほしい。

原爆の日には毎年灯篭流しに行っている。過去の悲しみ、未来への希望が入り混じり…
私としては何故か微妙な気持ちになってしまうのだけど…

なんと言っても、子供が反応している事が嬉しいと思った。

広島に生まれ育った私には子供の頃から特別な日…怖い日なのだ。
原爆投下時刻にサイレンが鳴り響き、セミの鳴き声と混じって更に暑く感じる。
胸がドキドキして平和であることを祈らざるを得ない。

手を合わせサイレンが終わるのと同時に目を開けると、普段の風景が見える…
あ~良かった…でも65年前のあの日は信じられない光景だったに違いない。

息子の言動を見ながら 「あ、この子も広島の子だ」 と、つい思った。









スポンサーサイト


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
次のページ